ホームページのクオリティはコンテンツで決まる?

ホームページを作成する上で絶対に欠かせないのがコンテンツです。
自社の商品やサービスや商品の詳細を伝えるためには、興味を持ってもらえるコンテンツを用意する必要があります。
ホームページの優れたコンテンツが用意できればホームページのクオリティも上がります。今回は、コンテンツについてSoft-exがお話していきます。

sik-life / Pixabay

目的に合ったコンテンツを

ホームページにはコンテンツが必要不可欠と話をしましたが、自分のホームページとは関係ないものをいくつ並べても全く意味がありません。
自社の一押し商品、今月の注目など自分がホームページで1番伝えたいことをしっかりとユーザーにアピールすることが大切なのです。
商品やサービスを知ってもらうためには、目的がはっきりと伝わるホームページにし、その目的に沿ったコンテンツを用意する必要があると言えます。

目的を明確に

目的の他にも性別や年齢、職種などターゲットを絞り込むことでどのようなコンテンツが自分のホームページに必要なのかを知る事ができます。

まずはホームページを制作して何がしたいのかを考えてみましょう。
自社の商品やサービスを売り出したいのか、会社について知ってほしいのか人によって様々でしょう。
目的がはっきりしてくると、どんなコンテンツが必要なのかが見えてきます。
また、どういったターゲット層に向けたホームページを作成するべきなのかが分かります。
例えば、口コミが期待できる主婦をターゲットにし自社の商品を売り出したり、新卒や中途採用の希望者をターゲットにして会社を知ってもらいたい等、目的とターゲットを絞ることでより質の良いコンテンツを用意することができるのです。

コンテンツの主な役割とは

ホームページの目的、ターゲットが絞り込めたら、どんなコンテンツがホームページに必要なのか方向性が定まります。
そもそもコンテンツの主な役割は、ユーザーに企業の有益な情報を知ってもらう事です。
そのため、自社が売り出したいものをアピールし、興味を持ってもらうことが何よりも大切です。
しかしアピールするためにコンテンツに力を入れても、見にくい、使いずらいホームページになってしまっては意味がありません。
情報量は適切であるか、ストレスなくホームページを利用することができるのか等ユーザーの視点になり、ホームページを作り上げていきましょう。