トップページに力を入れる

ホームページを作成する際、最も重要になってくるのが「トップページ」です。
ユーザーがホームページを検索して一番最初に見るページなので重要なのは当たり前と考える人もいるかと思いますが、トップページに力を入れることで自分の作成したホームページをアピールし、好感度を上げることができます。
Soft-exが、ホームページにおけるTOPの重要性について紹介していきます。

トップページの役割

トップページとは最もユーザーが目にするページですので、ホームページを作成する際1番力を入れるべきであると言えます。
企業であれば、ユーザーにとって見やすく、操作しやすいトップページは必須です。
第一印象はトップページで決まると言っても過言ではなく、印象の良し悪しで集客も変わってきます。
また、企業でキャンペーンやイベントを催したりする際には、告知することが何よりも大切になってくるのでドメインの取得後、ホームページの完成を待たずドメインを育てれば、最悪の場合トップページだけでもしっかりと作成しておけば評価の対象になり、集客への道を切り開く事ができます。

トップページは看板です

ホームページの役割は企業の「看板」と言えるでしょう。
ユーザーが一目見たときにどんな内容のホームページなのか、何のために作成されたのかを伝える必要があります。
しかし、企業の業種や用途によって、「コーポレートタイプ」「店舗サイト」「ショッピングサイト」等、ホームページのタイプが変わってきます。
コーポレートタイプは簡単に言うと企業の公式サイトを指すものになります。
表現方法の幅が広く、自由度が高いものを制作できます。

アニメーションや動画を利用し、華やかなイメージのものが多いタイプです。
店舗サイトは主に、自分のお店がお勧めしたい商品をアピールしたり、自社サービスを知ってもらうための情報が詰まったホームページになります。
また、店舗名を強調したものが多く、ユーザーにお店の名前を知ってもらうきっかけになるでしょう。
ショッピングサイトの場合は、自社がどのような商品を取り扱っているのか、お勧め商品はどの商品なのかなどカテゴリー別に掲載されているホームページになります。
ユーザーがホームページを利用する際に、ストレスがないように設計されています。

良いトップページとは

ホームページを公開してからが重要です。
特にトップページはユーザーの目に触れやすいのでアクセス解析を行い改善していくことが大切なのです。
そのためには、分かりやすいタイトルや使いやすいインデックスを心がけましょう。
ホームページの改善をすることで集客に繋がる可能性が上がります。