ホームページの作成に必要な基礎知識

Webページに載せる画像や動画は、自分の知識の幅が広ければ広いほど様々な表現をすることができます。
基礎知識があれば、見栄えだけでは無くどのようなWebページにしたら読み込み時間やデータを軽くすることができるのかなど、いろいろな面で役立つことでしょう。
今回は、ホームページを作成する際に最低限知っておきたい基礎知識をいくつかご紹介していきます。

1681551 / Pixabay

画像について

ホームページを作成する際に画像を利用しない人はほぼ居ないでしょう。
画像はユーザーの視線・興味を集めるためには必要不可欠なのです。
まずはホームページで使う壁紙画像やアイコンなど様々な画像素材が必要になります。
しかし、0からすべてを作成するのはとても大変なことです。
そのため初心者でもそうでない人もWeb素材を提供してくれるサイトを利用することがお勧めです。
また、自分で撮影した写真やイラストなど画像を加工する場合は、編集技術の知識を身に付けることで表現できることが増えていきます。
加工技術について学びたいと考えている人はインターネット上にある加工ガイドサイトやPhotoshop等の加工ソフトの参考書を購入し、実際に自分で加工をしてみることが大切です。

アニメーションについて

ホームページを見ていると動くアイコンやエフェクトが使用されたものを見かけることがあります。
アニメーションにも、GIF画像から長時間の動画のように、データには色々な種類があるため、長時間の動画などはストリーミング配信などの知識を持っているととても便利です。
また、ホームページにアニメーションを取り入れるなら昔から使用されてきた「Flash」も覚えておくと良いでしょう。
複雑な画像処理が可能なため、現在も映画やゲームなどにも使用されているのです。
しかし、最近はFlashよりも簡単にアニメーションを編集できるソフトやサービスが増えたため次第に利用者は減少傾向にあります。

SNSと連携させる

近年は誰もが知っているSNSですが、ホームページに投稿フォームを設置し、ホームページから直接からコンテンツを投稿できるものが増えてきました。
メジャーなもので言うとツイッターやインスタグラムなどユーザーから他のユーザーにWebページを共有することができます。
自分で作成したWebページにSNSに反映できるコメント機能を組み込むことで、より顧客集客を見込めるでしょう。
SNSに関する知識を身に付ける場合はインターネットで検査することで最新の情報を得ることができます。