ホームページを制作する際に必要なものとは?

自社のホームページを作成したい、そろそろホームページをリニューアルしたいという経営者は多いでしょう。
現在は誰でもホームページを制作できる時代になりました。
そのため、仕事のちょっとした時間にホームページ制作を行おうと考える会社もたくさんいます。
確かに、初心者であってもホームページは制作できます。
しかし、せっかく作ったホームページが、会社にとってメリットになるかは別の話です。
今回はSoft-exがホームページ制作に必要なものについて紹介していきます。

アマチュアとプロのホームページ制作の違い

ホームページは誰にでも制作することができるといいましたが、プロとアマチュアではホームページがもたらす効果に大きな違いがあります。
それは製作者のスキルやクオリティ異が大きく関わってきます。
そもそもホームページを制作する際は、企画の段階から大まかなクオリティが決まってきます。
アマチュアの場合はこの時点であまり深く考えずにホームページを制作してしまう傾向にあります。
しかし、プロと呼ばれる人たちは企画段階でテーマやコンセプトメイキングからスタートし、自社がホームページでユーザーに伝えたいことは何なのかをきちんと明確化しているのです。
良いホームページといわれるものには必ず「柱となる目的」があります。
これらの基礎がしっかりと固まった上で、デザインやレイアウトを決めていくことですっきりと纏まった、ユーザーにとって利用しやすいホームページを制作することができるのです。

良いホームページにはデザインスキルも必要

現在はパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末といった様々な媒体からホームページが開けるようになりました。
そのため、それぞれに適したホームページ制作が必要になってきます。
例えばスマートフォンで会社のホームページを見たときに、パソコンと全くレイアウトが同じだった場合、ユーザーはどのように感じるでしょうか。
情報が見難く、操作もしにくいといったマイナスの印象を受けるでしょう。
するとユーザーは再度そのホームページに訪問しようとは思いません。
すると、ホームページの閲覧数が激減し、存在自体意味のないものに成ってしまうのです。
こういった事態を回避するためにも、それぞれの端末に適した、レイアウトや配色、情報量をしっかりと考えなくてはならないのです。
これらの考え方を持っていないと「良いホームページ」にはなりにくいのです。