リニューアルのタイミングは?

ホームページを開設した後は、そのホームページのアクセス数を見ながらユーザーのニーズに沿っているか把握しておくことが大切です。
アクセス数やデザインによってはリニューアルが必要になる場合もあります。
しかし、 ホームページの改修やデザインのリニューアルをする場合、いきなり手を付けるのは最善とは言えません。
もちろん直ぐにリニューアルに取りかかった方が良い場合もありますが、ほとんどのリニューアルの場合はタイミングが重要です。
今回はホームページをリニューアルするタイミングについて紹介していきます。


デザインをリニューアルする場合

ホームページを開設した当初は、「良いデザイン」と言われていても、時が経つと次第に「古いデザイン」と言われることがあります。
それはデザインにトレンドがあるからです。
例えば、マウスのクリックで画像のカラーが変化したり、アイコンに陰影を付けたりすることができるFlashというソフトを使った技術が一時期流行りましたが、このような流行りは一時的な物が多いです。
しかし、古い技術が問題なのでは無く、流行りに乗れていないホームページはセンスが古い、広告に力を入れていないといったイメージが持たれやすくなってしまいます。
このような指摘を受けた場合はデザインのリニューアルに最適のタイミングといえるでしょう。


コンテンツが多い場合

小まめな更新をしている、誰もが見やすい使いやすいホームページは一般的に良いホームページと言われています。
しかし、小まめな更新を行う企業はニーズに沿うためにコンテンツをどんどん増やしていく傾向があります。
コンテンツが増えると情報量も増えていくため、ユーザーにとっては使いにくいホームページになってしまいます。
ホームページを解析した際に、ユーザーが知りたい情報が得られていないという結果が出たらホームページのリニューアルを考えましょう。
情報量が増えてしまったら階層を増やしたり、カテゴリの整理をするのが一番です。

ホームページが不便になった場合

ネット通販のようなECサイトのように、古いシステムによっては自動請求書発行や、決済システムが不十分である場合に、最新のシステムを取り入れたホームページよりも比較的不便に感じることがあります。
この場合実際にホームページが不便になったという訳ではなく、他者のホームページがより使いやすくなったというパターンがほとんどです。
この場合は早めにホームページをリニューアルすることをおすすめします。