運用のコツをおさえよう!ホームページが完成したら

ホームページが完成しただけで満足してしまう人もいます。
しかし、ビジネスに活かすためのホームページなら、完成後にいかに運用するかが大切です。
ホームページを制作する際におさえておきたい基礎知識として、その運用のコツをSoft-EXがご紹介します。


ホームページの運用は支店経営と同じ

たとえ美しいホームページが完成しても、気まぐれで更新する程度では意味がありません。
現実の世界で、近所に新しい店がオープンしたと考えてみましょう。
品ぞろえに代わり映えがない、訪れても誰もいない、特に企画がないお店に魅力を感じて通い続ける人はいません。
ビジネス用のホームページは、いわば新しい支店です。
ホームーページを上手に運用することが、新しい支店の経営といえます。
新しい支店にいかに顧客を集めて、いかに売り上げ目標を達成するかが大切なように、完成後のホームページはいかに運営するかが大切なのです。


運営の戦略と方針は明確に

ホームページ制作では戦略と方針を明確にすることが基本です。
戦略を考えるためには、まずはホームページの役割を考えてみてください。
このホームページで得たいのは、見込み客からの問い合わせなのか、商品の受注なのかなど役割をはっきりさせてみましょう。
そして、具体的な目標を設定します。
ホームページからの新規問い合わせは月何件か、あるいは月商はいくらかなど目標を設定しましょう。
ホームページの役割と目標が決まれば、明確な運営戦略と方針が決められます。


来訪者のメリットを考えよう

ホームページへの来訪者は、メリットが無ければ簡単に離脱してしまいます。
ビジネス用のホームページは、発信者側にはメリットがあっても来訪者にはメリットが薄くなりがちです。
逆に言えば、来訪者がメリットを感じるようにコンテンツを工夫すれば、サイトの閲覧数も滞在時間も増やせます。
運営側が伝えたい情報ばかりをのせるのではなく、来訪者のメリットも考えましょう。
来訪者に伝えたい内容と、来訪者が知りたい内容・面白いと思ってもらえる内容を効果的に組み合わせて運用します。
常に新しい情報、バリエーションのある内容となるようにコンテンツを充実させてホームページを育ててください。

ビジネスで活きるホームページは、顧客満足度が高いホームページだとソフトイーエックスは考えます。
せっかくホームページを作成するなら、ぜひ効果が実感できるサイトを目指しましょう。