ホームページを制作・運営するのに必要なコスト

ホームページを運営する際に独自ドメインを取得したり、ホームページの作成や運営を外注する場合には、コストがかかります。
無料でホームページを作成・運営することもできますが、独自ドメインを持つことはホームページを作成することにおいて重要となるので、コストをかけずに運営することは難しくなります。
ではホームページの制作にかかる費用はどのくらいになるのでしょうか?
Soft-exスタッフが紹介します。

制作進行費

ビジネスで作成するホームページは、知名度をUPさせ、ブランドを構築し、売上をあげるためなどに制作されることが一般的です。
その目的を達成するためにディレクターが考案した制作案は、制作費や企画費、プロデュース費と呼ばれます。

デザイン費

ホームページのデザインは、そのページがなんのために存在するのかを視覚的にも分かりやすくユーザーに伝えることができる役割を持ちます。
外注依頼をする場合は自社で作るよりも費用がかかります。

コーディング費

ホームページはHTMLやCSSでコーディングされて作られ、文章や画像が見れるようになります。
そのコーディングをするための費用はコーディング費と呼ばれ、外注する場合はデザインも兼ねてコーディングしてもらうこともあります。

サーバー管理費(メンテナンス費)

サーバーを管理するための費用は、自社サーバーでホームページを運営する場合と、制作会社のサーバーを利用する場合では費用の内訳が変わりますが、独自ドメインを持つことや、セキュリティ対策を万全にすること、コンテンツの更新を考える必要もあります。
制作会社が責任を持って運用をする場合はこういった費用が必要です。
また、各制作会社の見積もりを比較して検討する場合は、安いからいいというわけでもありません。
費用とクオリティは比例する傾向にあるため、トータルのクオリティのバランスに関わります。
見積もりに対して予算が合わない場合は、予算内でできることを聞いたりするなどして制作会社に相談をすることをおすすめします。
他にも、写真使用料などがかかる場合もあります。
ホームページに使用するための写真はオリジナルの写真を使う場合や無料提供されているものを使用する場合であればこのコストはかかりませんが、よりコンテンツにふさわしく、クオリティが高いものを使いたいのであれば有料の写真素材を使う必要があり、リース・レンタルフォト会社の有料の写真素材代がかかります。