ホームページは自社制作か外注か

企業でホームページを作成する際に、自社制作を行うか外注するのかで悩む人がいます。
大手の企業であれば外注でも問題はありませんが、そうでない企業はコストをなるべくかけたくはありません。
今回は自社制作と外注のメリットとデメリットについて紹介してきます。


コストを抑えたい場合

先ほども少し触れたように、ホームページ作成にはコストがかかります。
そのため、結論から言ってしまえば自社制作は外注に比べコストを大幅に抑えることができます。
ホームページを作成するだけであれば、最低限の知識を持っていればそれなりのホームページを作成することが可能です。
ホームページの公開に必要なドメインの取得や、サーバーの設定を行ってくれるレンタルサーバーを使うことでホームページの公開もできるのです。
更に近年では、ホームページやプログラミング言語に関する知識がなくても有料のソフトを購入することで誰でも簡単にホームページを作成することができます。
自社制作の場合かかるコストは約数万円になります。
しかし、ホームページ製作会社やWebデザイナーに外注して作成してもらった場合は数十万円かかります。
そのためコストをなるべく抑えたいという人は自社制作がおすすめです。


製作工程をお願いしたい場合

ホームページ作成を外注すると、ページの構成、希望するデザイン、使用する素材などをまとめてホームページ製作会社やWebデザイナーにお願いするのが一般的です。
外注の場合は、制作をするというよりはチェック・修正をするといった立場になります。
依頼した企業のスキルの高さにもよりますが、このとき自分が作りたいホームページはどんなものかをはっきり伝えておかないと、自分が思っていた通りのホームページが出来上がりません。
完成度を上げるために予め両者でしっかり話し合っておくことが大切です。


クオリティに関して

ホームページの作成にはいくつもの工程があります。
外注であれば、出来上がってきたものをチェックして、自分が作りたいホームページに仕上げていくことができますが、自社制作は素材の作成で多くの時間を費やすことになります。
ホームページに時間を割くことができる会社であれば本業とホームページ制作のクオリティ維持が可能ですが、そうでない会社ならクオリティが下がってしまいます。
クオリティに妥協をしたくない場合は、コストはかかっても外注でホームページの作成を行うことをお勧めします。