ホームページ制作における日本語ドメインについて

ホームページ制作をする際に様々なことを決めるかと思いますが、中でもドメインは作成したサイトの名前にあたる部分ですので、重要です。
ドメインにはいくつかのパターンがありますが、今回は日本語ドメインについて紹介していきます。


日本語ドメインのメリットとは?

漢字やひらがななど日本語を利用したドメイン名のことを日本語ドメインと言います。これは2001年からスタートしたサービスで、現在ポピュラーなものとして扱われています。
日本語ドメインにすることでメリットとなることがあります。
①ドメイン名がわかりやすい
日本語にすることで、日本人にとってなじみが深いためわかりやすいドメインになります。
さらに、検索結果でもキーワードが太字になったり、ドメイン名と狙いたいワードが一致することでもっと見やすくなります。
これによって、ユーザーの目に留まりやすくなるためクリックへと導くことができます。
②ドメイン名を希望通りにできる
現在ドメインは155万件以上の登録がありますが、やはり英語のドメインに比べるとその数は少な状態です。
しかし、もし英語で希望するドメインが取得できなかった場合、日本語にすることで取得しやすいといった特徴があります。
③一目でサイトの内容がわかる
日本語ドメインを選ぶ際には、サイト中のコンテンツに関係したワードを選択するようにしましょう。
内容と相違のないドメインを選ぶことで、ドメインを見ただけで「こういったサイトなんだ」と興味を持たれやすくなります。
狙っているワードを絞りドメイン名を取り入れることで、ユーザーの心をつかめるサイト制作を望むことができます。

日本語ドメインのデメリットとは?

サイトを認知しやすい日本語ドメインですが、デメリットも生じます。
日本語ドメインにおけるデメリットについて、紹介していきましょう。
①ブラウザ以外では文字列が変化する
ブラウザで日本語で打っても表示しますが、通信上ではPunycodによって英数に変換されます。
ブラウザ以外での表記の場合、意味の通じない表示になってしまうことがあります。
②海外では利用しずらい
基本的に日本語ドメインは、日本人向けのドメインです。
ですので、日本語になじみのない海外では使い勝手の悪いサイトになってしまうことがあります。
海外で業務展開したい、サービス、商品を販売したい場合には向いてないといえるでしょう。
日本語ドメインにはメリット、デメリットが存在します。
利用目的、シーンに合わせて利用することをおすすめします。