ホームページ制作でやりがちな失敗例と教訓

せっかく会社のホームページを作ったのに、アクセス数が伸びず、何の効果もなくて悩んでいる事業主は少なくありません。
現代はネット社会と言われており、会社はホームページを持つことは常識となっており、当然なこととなっています。
そのため、自社のホームページを作っても売上が変わらないままになってしまうことが多いのです。
では、なぜホームページを作成するのに失敗してしまうのでしょうか?
今回の記事では、Soft-exがホームページ制作でやりがちな失敗例と教訓を紹介していきます。


ホームページを作る目的が明確でない

ホームページを制作して失敗となってしまっている殆どのケースが、本来の目的を忘れ、ホームページを作って満足してしまっていることです。
会社のホームページの場合は、「集客したい」、「検索して表示される順位を上げたい」、「ユーザーに多くの情報提供がしたい」などというビジネスに繋がる狙いを持って作成しなければいけません。
しかし、何となくでとりあえず作ってしまうと、何の効果もなく、価値の低いホームページになってしまうのです。


ホームページの制作と注意

膨大な数のホームページ制作会社があり、その中から手っとり早く業者を決めてしまいたくなってしまいがちですが、業者選びは慎重に行いましょう。
制作費が安いという理由や、大手だから大丈夫だろうという理由だけで業者を選ぶのは危険です。
制作費が安いからには理由があり、大手の場合は、営業と制作で役割が分担されている可能性が否めません。
また、知人に格安で制作してもらったり、自作をするのはもっての他のため、必ず知識や経験のある業者に依頼をしてホームページを作成しましょう。
そして、業者にすべて丸投げするのではなく、どんなデザインでどんな層をターゲットに、どのようなホームページにしたいのかなどをきちんと提案することが重要です。


SEO対策が充分でない

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位に表示されるようにすることをSEO対策と言い、会社のホームページを制作するためには、SEO対策は必要不可欠です。
しっかりとSEO対策の知識を持った業者にホームページの制作を依頼しましょう。

ユーザーがホームページに訪れる理由は、有益な情報を求めている場合が殆どです。
そのため、ユーザーが求めている情報をしっかりと提供していくことができれば必然とアクセス数が増え、売上も伸びていくのではないでしょうか?
上記の失敗例を参考にホームページを作成しましょう。