初心者でも簡単にホームページを制作する2つの方法

簡単にホームページを作成する方法として近年知られているのが、「WordPress」や「Jimdo」でしょう。
しかし、簡単とは言ってもプログラミングの知識がないと作れないのでは?と考えている人も多いのではないでしょうか?
それは一昔前のことで、今ではネット検索ができれば難しい知識がなくてもホームページを制作することが可能です。
今回は、簡単にホームページを制作する2つの方法を紹介します。

ホームページを簡単に作る方法

ホームページを作成するには、制作ソフトやエディタなどが一般的ですが、簡単に作る場合には、「CMS」と作成サービスの「Webサイトビルダー」を利用しましょう。
・CMS
CMSは、コンテンツ・マネジメント・システムの略であり、ホームページの更新や管理をするシステムです。
自動でページを生成してくれるため、テキストや画像を追加するだけでホームページを更新する仕組みとなっています。
・Webサイトビルダー
ホームページ制作のすべての作業をブラウザで行えるサービスで、知識がなくてもドラッグ&ドロップで簡単にホームページが作れる仕様です。

WordPressでホームページの作成

CMCの代表的なツール「WordPress」は、世界的なシェアを誇っており、無料で公式サイトからダウンロード可能です。
WordPressでホームページを制作するためには、ドメインとレンタルサーバーを用意する必要があり、月額1000円せずに用意することができます。
WordPressの初期設定⇒テーマを設定⇒プラグインの設定を行えば、ホームページを公開できる状態になります。

Jimdoでホームページの作成

Jimdoは作成サービスの代表となっており、日本国内で130万人以上に利用されています。
まずは無料で公式サイトから会員登録を行い、カテゴリの中からレイアウトを選択しましょう。
あとからレイアウトを変更できるので、とりあえずで選んでも問題ありません。
メールアドレスとパスワードを入力して登録したら、独自ドメインを持っている場合は、独自ドメインを入力し、なければホームページのアドレスを決めましょう。
ホームページのアドレスは後から変更が効かないため、慎重に決めることを提案します。
この作業が終われば、ホームページが公開ができる状況となります。
上記の方法であれば、難しい知識がなくても初心者でも10分で簡単にホームページをつくることが可能です。
どのようなホームページにしたいかを考えてから作ることでよりスムーズに作成できるでしょう。