ホームページ作成に必要な言語について

ホームページを作成するためには、色々な知識や専門的な技術が必要です。
ページを表示させるために必要な言語や、デザインを統一したり変えるための言語など様々あり、それを習得しなければいけません。
今回は、ホームページ作成に必要な言語について紹介していきましょう。


①HTML

ホームページを作るために欠かせないのがHTMLです。
HTMLはHyperText Markup Languageの略であり、文書を記述するための言語となっており、WebサイトはこのHTMLによって書かれています。


②CSS

CSSは、Cascading Style Sheetsの略で、ホームページのデザイン(スタイル)するための言語です。
HTMLと組み合わせて使用する言語で、HTMLで書かれているページをCSSで文字の色やフォント、大きさなどを変更したり背景を付けたりしてデザインすることができます。


③JavaScript

上記の2つだけでもコーティングをすることは可能ですが、スライドショーやポップアップを表示させるためにはJavaScriptが必要です。
JavaScriptはブラウザ上で処理を行うプログラミング言語で、HTMLやCSSよりも習得するのに難易度が高い言語でしょう。
しかし習得できれば、アコーディオンメニューやスライドショー、簡易的な計算式などをユーザーの操作に対し表示でき、動きを加えられるため便利になります。
セキュリティの問題で利用されていなかった頃もありましたが、jQueryというJavaScriptライブラリが登場したことで現在では多くのホームページで使用されている言語です。


④PHP&SQL

PHPは、Hypertext Preprocessorの略で、サーバー側で処理を行い、動的にHTMLを生成してくれるサーバーサイドプログラミング言語です。
問い合わせフォームやショッピングサイトなどでユーザー情報を受け取るために必要となり、他のサーバーサイドプログラミング言語よりも習得しやすいことからPHPが使われています。
また、SQLはデータベース言語となっており、そのPHPで受け取った情報をデータベース上で保存します。
そうすることで会員制のサイトなどで情報を登録することができ、ユーザーがログインすることが可能になります。
しかし、PHPやSQLを使ったホームページを作成するのであれば、個人情報が流出しないようにセキュリティ対策を万全にしなければいけません。

ここで紹介した以外にも様々な言語がありますが、個人でホームページを作成する場合には、HTML、CSS、JavaScriptまで習得すれば充分なのではないでしょうか?
Webデザイナーを目指すのであればすべてマスターできると良いですが、分業制の会社もあります。